本文へ移動
美容科では、美容師に必要な基礎知識や技術はもちろん、メイク・ネイルアートや着付けといったサロンワーク全般を学びます。第一線で活躍されている特別講師による授業、全国理容美容学生技術大会への参加など、より実践的なカリキュラムで習得します。

取得できる資格

美容師国家資格
JNAネイリスト検定
JNAジェルネイル技能検定
まつげエクステンション認定資格
認定フェイシャルエステティシャン
ヘッドスパ検定
サービス接遇検定
介護職員初任者研修取得(旧ホームヘルパー2級資格)

国家試験

平成30年度卒業生
 47名中45名合格  95.7%(全国平均86.2%)
シザース(ハサミ)の持ち方からブロッキング(髪の区分け)などのテクニックを見つけ、ヘアラインや形によってデザインされる総合的な表現力を磨きます。この他にも様々なスタイルを学び、ベースとなるカットの基礎を身につけます。
 
実習内容
カットの基本ワンレングスグラデーションレイヤーロングスタイルミディアムスタイルショートスタイル
カウンセリングや色彩原理、脱色して髪色を明るくするヘアブリーチや色剤を入れるヘアカラー、ヘアマニキュアなど、染毛剤の性質を理解し、ウィービングやスライシングなどのテクニックも併せて学びます。
 
実習内容
ヘアカラー剤の分類仕組み発色実験 サロンカラーとホームカラーの違いバックシャンプーヘッドスパ実習
ネイルに関する基礎知識から、ネイルアートのテクニックを学びます。また、エステは最新のエステ機器を用い、クレンジング、スチーミングやマッサージ、パックなどフェイシャルの基礎技術全般を習得します。
 
実習内容
フェイシャルエステティックの基礎技術 ハンド&ネイルケアネイル技術
コームやブラシを使い、基本的な編み込み技術からアップスタイルに挑戦します。メイクアップ技術ではファンデーションの色選びからノーマルメイク、個性美を活かしたメイクテクニックを実践します。
 
実習内容
ブラシワーク編み込みカラー技術 メイクの基礎技術とトータルバランス実習内容
実習では美容に必要な基礎知識はもちろん国家試験に必要なワインディング・フィンガーウェーブを学びます。着付けについては、着物の知識や収納方法・浴衣の着付け技術を学びます。
 
実習内容
ワインディング、フィンガーウェーブ着付け(浴衣)
基礎知識と技術の習得に加え、2年次からは、コースが3つに分かれ、自分に合ったコースを選択することで、専門知識を集中的に学ぶことができます。
1年間を通じて、ヘアカットやブロー、スタイリングなどの技術を専門的に学びます。学ぶスタイルはベーシックなものからフリースタイルまで、大会やコンテストにも参加できます。
今サロンで求められる多様なサービスに対応できるよう、メイク・ネイル・エステ・まつエク・ヘッドスパなど、ヘアだけでなく幅広い知識・技術を学びます。美容師国家資格に加えて各種検定が取得できダブル資格の取得が可能です。
子どもから高齢者まで幅広い世代のお客様と接することができるように『思いやりの心』を学びます。理美容の技術に加え、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級資格)が取得できるので、訪問理美容や福祉施設などで美容の技術を活かしながら働くことも可能です。

主なコース科目

カット&ブロー
ヘアラインや形によってデザインされる総合的表現力を磨きます。様々なスタイルを実践的なカリキュラムによって学び、国家試験にも対応するカット技術を身につけます。
カラーリング
1年次に習得した技術に加え、色彩学による色味の微妙な変化やスタイリングに合ったカラーリングの仕方を学びます。
メイクアップ
化粧品やメイク道具が備える性質や特性を理解し、顔面の骨格、ヘアスタイル、ファッションなど全体のバランスを考えたメイクアップテクニックを実践します。また、舞台メイク等にも挑戦します。
スタイリング
必要な道具の正しい使い方やサロンで役立つ夜会巻きやシニヨン等のアップスタイルを学び、フォトコンテストや学生大会にチャレンジします。
ネイルアート
ネイルの基本テクニックを始め、最新のジェルネイルやネイルアートのベーシックからサロンテクニックまで学びます。また、ネイルの歴史、爪の構造などの専門知識も合わせて習得します。
サロンテクニック(育毛)
実際に必要とされる技術はもちろん、リラックス効果を目的としたマッサージシャンプーやヘッドスパの技術もあわせて学びます。
エステ
最新のエステ機器を用い、クレンジング、スチーミングやマッサージ、パックなどフェイシャルの基礎技術全般を習得します。また全身美容の技術、栄養学や皮膚科学といった専門知識も習得します。
衛生管理
予防衛生などの公衆衛生、健康や上下水道、衛生害虫や公害、また美容所・理容所の衛生管理など環境衛生の他、消毒方法について学びます。
物理・化学
物理では力、熱、光、電気に関する基礎知識を学び、化学では酸と塩基、酸化・還元反応などを学びます。使用する製品の正しい知識と使用法を身につけます。
理容・美容保健​
理容・美容技術は主にお客様の頭と顔に施術を施します。保健では人体の各部の名称や構造及び機能を各系統ごとに学習します。
理容・美容実習​
実技試験(国家試験)の課題を中心に実習を行います。また、卒業後サロンへの就職の際に即戦力として最も必要とされる技術も併せて習得します。
関係法規・制度理容
理容師・美容師に関する法律「美容・理容師法」を主体に理容師・美容師、開設者(店主)になる上で法律上必要な手続き、提出先などを学びます。
理容・美容技術理論
理容・美容技術に不可欠な各種用具の名称や使用方法に始まり、シャンプー、カッティング、パーマといった技術の一例と基礎技術を学びます。
理容・美容文化論
日本の理容・美容業の歴史や、ヘアスタイル・メイクの移り変わり、ヘアスタイルと密接な関係のある服装文化なども学びます。
運営管理
運営管理の授業では美容所・理容所の経営や管理に必要な運営管理の知識や手法を学びます。将来開業する際に必要な基礎知識を身につけます。
1
1
3
2
3
8
TOPへ戻る